どのくらいの休みがあるのか

疲れが身体に溜まらないようにする

風俗店で働いても疲れないようにするためには、休みをしっかり確保することが大切です。
どのぐらい休めるのか、面接の時に聞くと良いですね。
毎日働いたり、働く時間が長くなると、ストレスや疲れが溜まります・
その状態では、お客さんに元気に接客することができません。
お客さんを不愉快にさせてしまうこともあります。

友音に、元気に接客できるよう身体を回復させてください。
たくさん休みを確保できる環境だったら、仕事を始めても大丈夫だと思います。
働くスタッフの人数が少ない風俗店は、自分の希望通り休みを申請しにくいんで気をつけてください。
10人以上のスタッフがいるところなら、休みながら働けます。
前もってスタッフの数も、把握しておきましょう。

働きたい時間を申請しておこう

どのくらいの時間働けるのか、面接の際に伝えてください。
時間が空いていて、たくさん稼ぎたい人は1日3時間以上働いてください。
しかし予定があって、長い時間働けない人が見られます。
1日1時間や2時間といった、短い時間でも構わないと言ってくれています。
面接の時に、働ける時間を伝えると、その時間でも大丈夫な風俗店だった場合は採用されると思います。

短時間のみ勤務ずる人は受け入れていない場合は、不採用になるので別の風俗店を探してください。
学生は、テスト休みはまとまった休みを確保して、勉強しなければいけません。
テストが近くなると、仕事ができなくなることを伝えておきましょう。
それでも了承してくれたお店で、働いてください。


この記事をシェアする